排水溝

思考の垂れ流し

【オタク】約1年が経つ今、何を想うのか。 〜私がオタクを始めた話〜

 

私のオタク歴をざっと遡ると、14年前。

小学1年生のとき、姉(元二宮担)の影響で

嵐の松本潤さんを好きになった。


それから木村拓哉さん、亀梨和也さんと

Sっけの強い濃い方を好んできた私は、

2006年に第1の転機を迎える。

 

探偵学園Q」の単発ドラマにて

物の見事に山田涼介さんに堕ちたのだ。


それから主にHey!Say!JUMP、SexyZone

(Hey!Say!7、スノープリンス合唱団)

のデビューを見守り、6年が経った。

 

2013年。

中学3年生になった私は

ふと気がついてしまった。

 

「待てよ。

今の私は本当にジャニーズが好きなのか???

雑誌や盤を集めることが

楽しいだけなんじゃないのか???

それなら別に、ジャニーズじゃなくても

いいんじゃないのか???」

 

(あぁー、言っちゃった。)


すると、目の前の雑誌たちは紙切れに、

必死に集めたグッズたちはただの無機物と化した。

 

その恐怖といったら

言い表せようのないものだった。

 

2014年。

高校生になり、ジャニーズを離れた私は

中学1年生から好きだった女性アイドルの現場に

足繁く通うようになった。


けれど、それも長くは続かず、

高校を卒業する頃には

「趣味は?」と聞かれて

「ドラマを観ることです」と答えるほど

つまらない女(異論は認める)に

なってしまっていた。


そんな私に第2の転機が訪れた。


2017年6月16日(金)。

Mステで観た関ジャニ∞安田章大さんに

目が釘付けになったのだ。


そもそもその日、私は何故Mステを観たのか。

確かに目的は関ジャニ∞だった。

けれど、彼ら自身ではなく

どこかで「今」を知り、

星の…あ、ニセ明さんが作った

メロディーと歌詞、

air:manさんの振り付けに

惚れ込んだからだ。


つまり、この時の関ジャニ∞の印象は


関西から雑草魂で這い上がってきた

三枚目アイドルグループ。

曲は一般の人よりは知っている程度。

ジャニ勉とクロニクル、面白いよね。

強いて言うなら丸山さんの闇が好きかな。


という感じだった。


安田さんの印象も一般の人と

さほど変わらなかった。


ちっちゃくていつもにこにこしている

まるで小動物のような人。

彼に出会った全ての人が

彼を優しいと評価する通り、

24時間テレビでは手話を披露したり、

みるかちゃんに寄り添ったり、

根っこから優しい人なんだろうな。

歌声独特だな。ギター凄いな。

自分のスタイルを貫くところ尊敬してます。

 

顔も、うーんまぁ…

好きな方だったように思う。

 (お前何様だよ)

山田涼介さんに堕ちた辺りから

可愛いタイプに目がいくようになっていたから。

けれど、特別好きになるタイプではなかった。

(だから何様なんだよ)


そんなはずだった。

 

そんなはずだったのに…
この時の安田さんはずば抜けていた。


ベレー帽似合いすぎ!!!!!

そして何より、誰よりも楽しそう!!!!!

ぴょんぴょんしてー、もお!!!!!

渋谷さんとのハモり最高かよっ!!!!!


あの時の安田さんには

ちゃんと後光が差していた。

あれは幻ではない、確かなものだった。

(私、この人に惚れる)と確信した。

 

何故だろう。今でも不思議に思う。

彼のことを知らなかった人が

この日の彼をたまたま見て

堕ちてしまうのなら理にかなう。

けれど、私は以前から彼のことを知っていた。

にも関わらず、この日の彼に特別惚れたのだ。

 

その謎についてもいつか解き明かしたいと思う。


それでも、私の脳裏には4年前の

惨事がチラついていた。


(もうあんな怖い思いはしたくない…)

(きっとハマったってまたすぐに飽きるさ)


この気持ちは嘘だ。幻想だ。

一時の気の迷いだ。


自分にそう言い聞かせ続けた。


けれど、その数日後の6月28日に発売された

アルバム「JAM」は今、手元にあるし、

同年9月11日。彼の33歳の誕生日に

私は彼がこの世に生まれたことを

心の底から祝い、喜んだ。


おめでとう!!!おめでとう!!!

生まれてきてくれてありがとう!!!

33年間も生きてきてくれてありがとう!!!

出会ってくれてありがとう!!!

 

 

そうして知った。


(あぁ…私、彼のことが好きだ)

 

 

これが、私がオタク始めた話。